不動産投資の種類

アパート投資

最初にアパート購入するので資金は大きいですが一室ごとにリスクが分散されるだけでなく、家賃収入が定期的に発生するので安定した収入を得られます。また利回りが高くなり可能性や建物の減価償却費により節税効果が得られるというメリットがありますが、アパートなので入居率の増減によって収入に影響するデメリットがあります。

マンション投資

部屋単位で物件を購入し、その賃貸料で収入を得る方法。アパートの一棟購入に比べて部屋単位の購入なので投資資金が少ない事や減価償却費で節税効果を得られるメリットがあります。デメリットは部屋単位の投資物件なので入居者がいなければ収入を得られません。また転売しにくい事やマンションを売却後に土地が残りません。

不動産投資信託

投資信託とは投資家の資金を使ってマンション等の物件を購入し、その物件を賃貸して家賃収入を投資家へ配当するというシステムになっています。ですので物件選びや物件の管理などの手間がはぶけます。また複数に投資ができるので収入が比較的ではありますが安定しています。デメリットは投資に関する意見が取り入れられないことやローンを利用するレバッジが使うことが出来ません。

PR トチスマショップ・赤池店 マンション・土地
お客様の理想の住まい探しの代理人、ハウスエージェントという考え方を実践する不動産屋。
http://www.tochisma-akaike.com/

不動産の有効活用

不動産投資は、不動産を有効に活用して資産運用するための代表的な方法の一つです。
不動産活用する理由としては、安定的に家賃収入などを得て、収入を増加させたり、相続税を軽減させるなどの税金対策など、様々な目的があります。以下に詳細を記載します。

【自分の居住目的】
持っている不動産を自分の住まいとして活用する方法。

【収入や生活資金を得る】
所有している不動産をアパートや、マンションとして運用し、月々の家賃収入を得る方法。

【保有コストの低減】
保有不動産の維持コスト(固定資産税など)を賄うために、賃貸マンションなどを建築して賃料を得て、不動産保有コストを低減する。

【所得税の節税】
不動産所得は、確定申告での損益通算や青色申告、減価償却費や借入金の金利を必要経費とするなどによる不動産所得の特徴を活用することで所得税を節約できます。

【相続税の節税効果】
不動産活用するための借入金による債務控除などは、相続税の節税効果を得られます。

以上の他にも、売却する事による現金化や、相続分割対策などの目的別に不動産の活用目的があります。

不動産を有効活用できるかどうかなど、金利などの経済状況や、都市計画法など土地利用の制限、賃貸市場の需要状況など様々なファクターを含め総合的な判断が必要となります。

不動産投資や不動産の有効活用を行う際は、このような事もしっかり見極めて、準備したうえで行うことがとても重要です。